羊羹より最中が好き

yo-kanのドイツ攻略ブログ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

yo-kan

Author:yo-kan
ドイツ少佐のブログです。
初級者~中級者のドイツ使い向けに記事を書いていきます。

かうんたー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対アステカ

さて第3回対策記事はアステカ!

ドイツ使いでアステカ苦手な人はいないかな?
私はちょっと前までめちゃくちゃ苦手だったのです・・・。


まずアステカの主オーダー。
①2R
アステカの経験値溜まりやすい文明特長と2の豊富な軍カードで強烈なラッシュが可能!
特にドイツはアステカの強力な槍兵である黒槍ラッシュが怖い。
即3してると即死します。

②ブーム即3即4
2の時代、農民カードや神官カードを切ってのブーム。
油断するとあっさり即4から無限スカルなんてことに・・・。
アステカのタートル力は、踊り場の警戒ダンスと戦闘キャンプで結構硬い。
ドイツは攻めるなら攻める、ブームするならブームでハッキリ戦略決める必要がある。


ドイツ側考えなければいけないのは、とりあえず即死しないこと!
かといって2枚目にチュートンなんぞ切ってもいまいちです。
一昔前はドイツはチュートン切って、ウーランで荒らししとけば勝てるとか
言ってましたが、最近はそんなことありません。
チュートン切ってもTC射撃範囲中に資源がなければ意味がありません。
資源封鎖型のアステカだとジリ貧です。
おまけに1の時代のカードじゃおまけウーランがでない・・!荒らしできない!!


というわけで、2の初期までのオーダー

>17人木400進化。即市場はやらないほうがいいかな・・・。
>2進化中に建物は交易1件家1件。
>進化木で歩兵小屋+家2件。カード2枚目「農民3」

ここで分岐。
相手が前小屋で2R濃厚だったらドッペル全力生産。
初弾必ず5回すのが大事。ドッペルの生産少し遅らせてでも。
カード3枚目「石弓8」を切ってカウンター。
相手の軍全滅させたら3枚目「金700」で3入り。

石弓8搬送時点でTC周りに相手の軍がなかった場合、
相手がTCに突っ込んでくるまでドッペル生産継続。
ドッペルをあいての軍の後ろに回して根性でカウンター。その後3入り。

相手が前小屋だったら、必ず相手の軍を壊滅させてから3進化するのが大事です。


相手が自陣小屋でブームっぽかったらドッペル生産キャンセル。
農民3>2って切ってブームします。市場たててもいいかも。
その後は、ブームしつつ4入りか、3で全力押しか適時選択。

対アステカのドイツキーユニットは「ドッペルゾルドナー」。
3進化後は、ドッペルスカミ編成+おまけウーランが定石です。


アステカの注意すべきユニット

jaguar_prowl_knight.pngジャガープロウルナイト
対重歩兵にボーナスを持ち、隠れる能力もあります。
こいつの奇襲を受けるとドッペル隊が壊滅したりするので、常に探索者を軍に同行させましょう。
3の時代のユニットですが、BBで2の時代から3体でてきます。
最優先で倒すべきユニット。

最後に、対アステカデッキ。
asuteka.jpg
チュートンはまず切りませんが、お守りということで。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。