羊羹より最中が好き

yo-kanのドイツ攻略ブログ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

yo-kan

Author:yo-kan
ドイツ少佐のブログです。
初級者~中級者のドイツ使い向けに記事を書いていきます。

かうんたー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ドイツ

各文明対策記事第2回は、ドイツミラーに関して。


まずこれが私がミラーで使ってるデッキです。

mira-dekki.jpg


どっからどうみても、ドッペルだオラアアアアデッキですね。
ですが実は違います。
詳細は後述。


まず、ドイツミラーの現状について。

doppelsoldner.png
ドイツのユニークユニット「ドッペルゾルドナー」は、
足が遅い代わりに範囲攻撃を持ち、食いつけば無双の重歩兵です。

このドッペルゾルドナー。弱点は「ドラグーン系」、ほかにはもちろん「軽歩兵」「大砲」。

さてドイツミラーの対戦環境では、ドッペルの弱点である「ドラ系」がいません。
さらにドイツは大砲カードないので大砲もでてきません。

つまりドイツミラーでは、ドッペルのアンチユニットはスカミしかいないのです!

このような対戦環境だと、スカミドッペル(+ウーラン)編成というのは
かなり安定した編成になります。
スカミドッペル編成とスカミ戦闘馬車編成が戦えば、
余裕でドッペル側が勝つでしょう。



なので、ドイツミラーの現状は2の時代からドッペル溜めつつ
ブームして内政のうまいほうが勝つ! みたいな勝負になっています。
さらにはドッペル強化までデッキに入れる人も多いようです。

これはつまらない! というか私は内政が苦手だ!!


この状況をふまえ、対ドイツオーダーを考えました。

>17人即市場木400進化。進化中に交易1件。
>2入り後、歩兵小屋建築ドッペル3体生産。
>カード1枚目「農民3」2枚目「金700」で3押し。進化ボーナスはドッペル。
>3入り中に全力で金とり。目標1000。3入り後即黒騎兵!
>黒騎兵押したあとは馬小屋建築、ウーランうpグレ、カードウーラン連切り・・・。


まぁつまりは相手が2で溜めてるドッペルを、
早め3入り即黒騎兵でヒャッハーする。って感じです。
黒騎兵の後の追加はウーラン。相手は全力スカミ生産するでしょうからね。

黒騎兵搬送直後から数分は、無双状態になります。
この時間でどれだけ相手の軍、農民を削れるかにかかっています。

さてデッキの話に戻りますが、このデッキの意図は
「2からドッペル濁、内政勝負するぜええええ」というブラフをかけたかった。
ってことです。
このブラフで黒騎兵をささりやすくするのが目的でした。

現状、ドイツミラーは「スカミドッペル」印象だけが強くなり
なぜドッペルが有効なのか知らないひとか多い気がします。
そう、ドッペルはドラ系には弱いのです!
そこをついたオーダーです。
いまのところ結構勝率いいです。



スポンサーサイト

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。